2008年03月21日

片山さん、怒濤のライヴ・パフォーマンス!

3/20片山+岩野ジュンク堂トークセッション←会場は熱気むんむん。男性率高し!

昨日(3/20)、ジュンク堂池袋本店にて片山杜秀さんと岩野裕一さんのトークセッション「日本のクラシックを発掘せよ!」がおこなわれました。

折悪しく朝から雨風ともに強く、「これは予約キャンセル続出かなあ」と心配だったのですが、その予想は完全に裏切られ、ジュンク堂カフェは写真のとおりの満席! みなさん身を乗りだしながら熱心にトークに聴き入っておられました。

岩野さんの絶妙のアシストを得て、最初は少し控えめだった片山さんもどんどんエンジンがかかってくるのがわかります。最後のほうは、片山さんが山田一雄の演奏を評したことばをもじっていえば、「ダンゴ状態でエンディングへもつれこむ」ようなものすごさ。会場は片山さんのことばの「絨毯爆撃」に唖然、呆然、陶然……。

片山杜秀という特異な人格がいつ、どのようにして形成されたか。伊福部昭最晩年の貴重なインタビュー音源、武満徹への複雑な思い、橋本國彦の超レア音源などなど、その場にいないと味わえない、ライヴならではの内容がてんこ盛りでしたが、アルテスではもっと多くのみなさんにこの圧倒的なライヴ・パフォーマンスを体験していただくべく、「ライヴ盤」の制作にとりかかっています。といっても、出版社ですから「文字で」ですが。どんなかたちでお届けできるかは、また後日お知らせしたいと思います。

最後になりましたが、最高の聞き役をつとめてくださった岩野裕一さん、ジュンク堂池袋本店の田口副店長はじめスタッフのみなさん、足下の悪いなかお運びいただいたお客さま、そしてサービス精神全開の怒濤のトークを披露してくださった片山杜秀さんに感謝します。ありがとうございました!
[木村]
posted by ARTES at 10:36| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。